FC2ブログ

circleを書き終えて。

いつも東色空間のブログに足を運んで下さる皆様、毎回拍手やランキングそしてコメントなどいつも沢山の励みになっていました。ありがとうごさいます‼️書き始めると日々上がっていくランキングを見て全て皆様の力のお陰だ♡︎と毎回感謝している次第です。circleのお話しをさせて頂きます。私が東方神起のファンになったのは2人になってから、それも大分後の方でトン落ちしました。好きになってからは本当に沢山の記事を読み漁るよう...

post image

circle 最終話

俺は少し目を開くと辺りが強い光で包まれていて完全に目を開けられない程光っていた。チャンミンも俺と同じように感じたんだろう。同じく目を開いたが目を開けられない様子だ。「君達は1つになった…この先共に歩いて行くがよいそして君達が老いていく頃私達の代わりにここを守って欲しい…私達は君達を空から見守るから…」その声が頭の中で響き渡ると辺りを照らしていた強い光は収まり、外の光が窓を通して教会の中を照らししている...

post image

circle 21

※宗教的な内容がありますが素人が書いたお話です。フィクションなので内容はご理解下さい。 ・スータン…司祭服 ・ストラ…司祭服の上にかけるマフラーのような形の物あれから1ヶ月が経ち俺達の日常はいつも2人一緒の穏やかな生活に変わった。俺とチャンミンの付き合いは順調でまだ秘密の関係ではあるけれど、仕事以外のプライベートでも最近ポツポツ遊ぶようになったソンヘインとキーにはいつかタイミングを見て俺達の関係を話そう...

post image

circle 20

水曜日ー水曜日午前中の仕事の流れを見て今日は仕事も少なめだと思い俺はチャンミンにLINEをした。『今日仕事が早めに終われそうなんだチャンミンの都合が良ければ病院に行かないか?』少ししてLINEの返信が届いた。『たぶん大丈夫だと思います東方商事の最寄り駅に何時頃に行けばいいですか?』『7時頃に駅にしよう、遅れる時は連絡して』『わかりました』俺達は仕事の後病院に行く約束をした。そして仕事が終わり7時少し前に俺は...

post image

circle 19

「神父様は僕達が神の一部になった時、僕達は神から選ばれそして前世で出会った僕達を同じ時代に同じタイミングで生まれ変わる様、導いて下さったのかも知れないと言ったんだ」「神に選ばれた者…俺達が…」「うん…」俺達が思い出した記憶によってその経緯が紐解かれ俺はあまりにも壮大な出来事に言葉を失っていた。そんな時チャンミンは口を開いた。「僕達がまた出会うまでとても長い時間がかかりました今は記憶を思い出す事ばかり...

yukiichigo0206
Page top